MENU

キャッシング会社もプライバシーは配慮するが 念には念を入れた対応を

キャッシング利用をする際に、避けては通れないのが「在籍確認」。これは利用申込書に書かれている勤務先で本当にあなたが働いているかを確かめるための作業です。大抵は電話での確認になりますが、ここで「職場の人にキャッシング利用がばれてしまうのでは」と心配になる方も多いはずです。

 

まず安心して頂きたいのは、在籍確認の際にキャッシング会社名を名乗って電話がかかってくることはない、ということです。というのも、貸金業者は「契約者以外の第3者に契約の事実を知らせてはならない」ということが「貸金業法」という法律で定められているからです。

 

大抵はオペレーターの個人名を名乗って電話がかかってきます。ただ、キャッシング会社を名乗らないからと言って必ずしも周囲にバレないとは限りません。周囲に感づかれる可能性として、以下の3パターンが考えられます。

 

キャッシング経験者が電話を取り次ぐ

これは、職場にたまたまキャッシングを利用したことのある人がいて、その人があなたの在籍確認の電話を取り次いだ場合です。経験者なら当然、キャッシング会社の在籍確認電話は個人名を名乗ってかけてくることを知っていますから、個人からの電話が少ない職場でしたら「もしかしてキャッシングの在籍確認?」と疑われてしまう可能性はあります。

 

会話の内容から推測される

在籍確認の電話では、こちらから住所や生年月日などの個人情報を言わされる場合が多いです。キャッシングの在籍確認の手順をある程度知っている同僚に会話の内容を聞かれてしまうと、「個人情報を言わされていたってことはもしかしてキャッシング?」と推測される可能性もゼロではありません。

 

リダイヤル

たまたまあなたの在籍確認電話に誰も出ることができなかったとしましょう。あなた以外の職場の人間が着信履歴を見てリダイヤルしてしまうとキャッシング会社からの電話だとばれてしまう可能性はあります。在籍確認のときは個人名を名乗ってプライバシーに配慮してくれますが、かかってきた電話にはキャッシング会社も正直に会社名を名乗ってしまいますよね。

 

在籍確認の電話は非通知でかかってくる場合がほとんどです。ただし、受け取り手が非通知電話を拒否するような設定にしている場合はキャッシング会社もやむを得ず番号を通知して電話してきます。迷惑電話の予防や個人情報保護の観点から非通知拒否をされている企業にお勤めの場合はパターン3のような周囲への知られ方に注意が必要です。ただ周囲に知られるのを心配していても仕方ありません。キャッシング会社に根回しをして対策しておきましょう。希望を伝えれば、キャッシング会社も電話を掛ける際に色々と配慮してくれます。

 

パターン1及び2のように、電話口での名乗り方ややり取りでバレるのを防ぐには他のもっともらしい理由をつけてかけてきてもらうのが有効です。例えば「○○(個人名)と申しますが、保育園の入園申込みの件でご連絡がありまして・・・」という風にかけてきてもらえば、あなたが生年月日や住所を答えていても、キャッシングとは疑われずに済みますので、そのように掛けてきてもらえるようお願いするのも一つの手です。

 

パターン3のようにリダイヤルでバレるのを防ぐためには、あなたが必ず電話をとれる時間に電話してもらうよう頼むのが有効でしょう。また、周囲にバレるのを防ぐという目的とは違いますが、「在籍確認は男性スタッフが電話してきてほしい」と希望する人もいるようです。これは女性から個人名で電話がかかってくると不倫を疑われてしまうから、ということのようです。このように、キャッシング会社ではあなたの心配に応じて電話の掛け方をかなり柔軟に対応してくれますので、どうやったら周囲に気づかれにくいかシュミレーションしてみるとよいでしょう。

 

このようにキャッシング会社に相談すれば、周囲にバレないようにいろいろカモフラージュできるわけですが、それでも心配という方は職場の人に根回ししておくとよいかもしれません。具体的には「今日、カード会社から電話があるかもしれない」と同僚たちに伝えておくことです。在籍確認の電話はクレジットカードを作る際にも行われることがありますので、在籍確認の電話がかかってきても周囲の人には「カード会社からだな」と思ってもらえます。

 

これまで在籍確認の電話が周囲の人に気づかれない方法を述べてきましたが、それでもどうしても在籍確認を電話でされることに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。そんな時は、電話以外の方法はないかキャッシング会社に確認してみましょう。社員証、給与明細などの規定の書類の提出で在籍確認ができるキャッシング会社もあります。

スピード重視派におすすめはこの5つ

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日