MENU

安心するにはまだ早い、借りた後にもある注意点

最初に気を付けるポイントは電話番号です。キャッシング申し込み用紙には電話番号欄が付いていて電場番号は必須項目です。ここに自宅の電場番号を記入すれば半分はバレたも同じことです。キャッシング会社から確認電話がくれば家族の誰かが出る可能性は大きくなります。家族に知られたくないキャッシングの申し込みには自分の携帯電話の番号を記入しておけば安心です。

 

2つめがインターネットの利用です。申し込みはインターネットを使って行います。最近ではほとんどのキャッシング会社はHPからの申し込みを受け付けています。インターネットの申し込みはわざわざ出かける手間も省け時間の節約にもなって一石二鳥です。勿論、本人確認用の証明書なども写真を添付送信すれば問題ありません。

 

3つめが自動契約機の活用です。インターネットで申し込んで審査にとおればそれで契約になります。契約そのものはインターネットで完了し家族にも知られることはありませんが、キャッシングカードは後日自宅に送られてきます。自宅に送られてきたカードが家族に見つかればインターネットを使った意味がありません。それを防いでくれるのが自動契約機でのカードの受け取りです。インターネットで申し込み審査に通ればその後は自動契約機で手続きが可能で、キャッシングカードもその場で受け取ることができます。

 

自宅の近くや会社帰りの道筋で自動契約機のある場所とキャッシング会社を確認しておけば、わざわざ探す必要もありません。最近では大手のキャッシング会社は全国に自動契約機を展開しているので、直ぐに見つかるはずです。店舗と違い年末年始以外は土日休日でも夜9時頃まで利用できるので時間を気にせず会社帰りなどに立ち寄ることができます。これで家族にもバレずにキャッシングができる筈です。

 

キャッシング利用後も注意が必要

キャッシングまでは家族にも内緒で行えましたがまだまだ安心するには早すぎます。利用後のことも考えておかなくてはいけないのです。キャッシングを利用するとキャッシング額や返済明細を記入した利用明細が作成されます。これが自宅に送られて家族に見られれば直ぐに分かってしまうのです。この利用明細が送られてこないようにする方法がWeb明細への申し込みです。Web明細に申し込めば明細はHPの自分専用ページで確認できるようになり、郵送されることはありません。

 

また、返済方法にも注意が必要です。インターネットバンキングなどで銀行口座から簡単に返済する方法もありますが、家族で共用の口座から銀行振り込みをすると例えインターネットバンキングであてっも支払い履歴は残ります。銀行通帳を家族共用で使っているようならATMを利用してみてはいかがでしょう。

 

ATMはコンビニやATMボックスなど設置数も多く便利に利用できます。ほとんどのキャッシング会社がATMからの返済を受け付けているので利用すれば通帳履歴の心配をすることもありません。これは当然のことですが、返済期日に遅れると電話で督促がきます。1回目は携帯電話に注意を促す程度の内容で、このとき返済すれば問題ありません。しかしそのままにしておくと自宅の電話や郵送で督促が入るようになり、家族に気付かれる可能性が生まれます。そうならないためにも返済期日は守るようにしてください。

 

返済期日を守るためには、無理な金額の借り入れはしないことが肝心です。返済ができる範囲で借り入れるようにしてください。しかしそれでも返済期日に遅れるような事態になれば、キャッシング会社にその旨報告してください。正直に報告すれば、可能な範囲での返済方法を考えてくれます。

スピード重視派におすすめはこの5つ

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日