MENU

キャッシングを行うときに気をつけておきたい「即日」という言葉の裏に隠されているもの

キャッシング会社のホームページなどには「14時までの審査完了で即日融資可能」といったような文言が記載されているのを見たことはあるでしょうか。

 

借りる側が考えるのは、「即日」と書かれているから、すぐにお金を貸してもらえるのだろうと思いこんでしまうところです。実際は「即日『融資』」と「即日『審査』」という2つの文言があることに目を向けてください。

 

最短時間で借入れできる人気のキャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

即日審査を頼んだのに、実際の借り入れは一週間後になったケースも

即日融資と即日審査は似て非なるものですから、「今日中にお金が必要なのに、実際にお金を借りられたのは一週間後だった」などというケースも存在します。

 

そこでここでは即日融資と即日審査の違いについてご説明していきますので、いざキャッシングを利用するときになって慌てないようにしておきましょう。

 

消費者金融系は即日融資に強い

即日融資という言葉の意味は「申し込みの当日に融資される」と受け取りましょう。消費者金融系のキャッシング会社は、ほとんどがこの即日融資に対応しており、銀行カードローンはほぼ即日融資には対応していません。この違いは「自動契約機の有無」にあります。

 

消費者金融系は全国に自分たちの自動契約機を持っているため、即日融資に対応できる環境がありますが、銀行カードローンは自動契約機を持っていないので、即日融資はどうしても消費者金融系が強いということになってしまうのです。自動契約機を使えば、ローンカードをその場で発行してくれます。

 

銀行カードローンは振り込み時間の制約がある

銀行カードローンはなぜ即日融資に弱いのかというと、銀行カードローンは銀行口座への振込を利用するので、土日祝日・平日の15時以降に振込をしようとしてもできないという事情があるのです。

 

そこへいくと、消費者金融は全国に自動契約機を持っていますし、店頭ですべての契約を終わらせることができる自動契約機の存在がある以上、銀行カードローンの側にスピードという面で不利な点が存在してしまうのは仕方のないことなのです。

 

申し込みは早い時間に

銀行カードローンを有効に使いたいと思うなら、早い時間帯に審査を完了させ、振込をしてもらうことを目標にすることです。

 

銀行の場合、すぐ近くに本支店があるならば、平日15時を過ぎても窓口でカードを受け取ることが可能となりますし、キャッシングを行えたりするので、本支店の場所を確認しておくことも大切です。

 

即日審査などの言葉をしっかり学んでおくこと

即日審査は「当日中に審査しますよ」ということですので、審査自体のことを指しますし、振込が当日中に行われることを刺しては居ません。カードローンの口コミサイトなどには、「即日審査可能」という文字を信じて申し込んだら、実際に融資が行われるまでに数日間の時間を要した方もいらっしゃるのです。

 

「即日審査」というのは、審査を当日にするということで、融資を当日に行うということではないということをよく覚えておき、キャッシングを利用するときのポイントとして重要視しましょう。審査を早く終わらせてすぐにお金を振り込んでほしければ、申し込みを早めに済ませておくことしかありません。もちろん、信用情報はきちんとしていることが絶対条件です。

スピード重視派におすすめはこの5つ

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日